悪徳不動産会社に御用心!

悪徳不動産会社に御用心!

国民消費者センターに寄せられる不動産会社への苦情は増加傾向にあります。
不動産取引には高額なお金が絡むケースが多いため、その損害も大きくなります。悪質な不動産会社を見極めるには、いくつか注意すべき点があります。最も分かりやすく、多いのが「とにかくしつこい」不動産会社です。

 

「断っても繰り返し同じ物件を勧める」「家や勤務先、携帯電話など所や時間を構わず勧誘してくる」といった執拗な態度があれば、要注意です。もちろん気乗りしないなら、相手に伝わるようハッキリした態度で断ることも大切です。やたらと「お買い得」「投資すれば利益が出る」といった儲け話を強調する不動産会社も避けましょう。もう1つ、悪徳不動産会社には「急がせる」「焦らせる」といった特徴もあります。「他のお客さんも同じ物件を気に入っている」「明日は別のお客さんも物件を見に来る」といった言葉で、「今、ここで決めなければ」という気持ちにさせます。
まだ検討しているのに、即日契約を迫ることもあります。不動産会社としての登録番号や連絡先情報の確認を怠らないという基本的な対策も有効です。「不動産に掘り出し物は無い」とも言われます。美味しい話には裏があると、十分に用心しましょう。