もっと身近に!不動産会社活用

もっと身近に!不動産会社活用

不動産会社の業務内容は、意外と知られていないかもしれません。
住み替えや不動産取引は一般の人が頻繁に行うことではないので、当然と言えば当然です。

 

不動産会社は、不動産(土地・住宅)にまつわる業務全般を引き受けています。具体的には不動産売買・賃貸・管理など。これらの行為を代理、または仲介するのも不動産会社の業務です。最も不動産会社を身近に感じるのは、アパートなど賃貸物件を探す時ではないでしょうか。賃貸物件探しから大家さんとの交渉、さまざまな手続きを間に入って行ってくれます。手持ちの不動産を売却したい時も、不動産会社の出番です。自分で売り広告を出し、権利関係や税金関係を処理するのは素人にとって困難です。そこで不動産会社に依頼し、売却先探しから引き渡しまでの諸々を代行してもらいます。不動産購入についても、全く同様です。さらにアパート・マンション経営をする際には家賃保証や管理業務まで担う不動産会社もあります。中古住宅の購入とリフォーム、土地管理なども不動産会社の守備範囲です。
不動産会社には「特別な時だけお世話になる敷居が高いところ」といったイメージを抱きがちですが、「不動産よろず相談所」くらいの気軽な気持ちで積極的に活用したいものです。